院長趣味のHP↓ 
 

 









糖尿病網膜症
糖尿病網膜症とはどんな病気 糖尿病の三大合併症のひとつです。高血糖による代謝異常が原因で網膜の毛細血管などが障害されます。毛細血管が障害されると網膜に出血(眼底出血)が起こります。
初期の段階では網膜症の進行は遅く、数年~10年以上かかって徐々に進行するものが多いです。ちなみに、現在日本での中途失明原因の第2位が糖尿病網膜症であり、失明人数は年間約3000人と毎年増加傾向にあります。
糖尿病網膜症の分類 糖尿病網膜症の病期は簡単に分けると、「単純網膜症」「増殖前網膜症」「増殖網膜症」という3つの段階に分かれます。後述になるほど病状は進んでおり、血糖コントロールだけでは糖尿病性網膜症の進行を抑制するのは難しくなってきます。
 自覚症状 糖尿病網膜症の恐ろしいところは自覚症状がほとんど無いことです。物が見えにくかったり、視野の一部が欠けて見えたり、黒いものがチラつく、といった症状が出た時には病状がかなり進行している事が多いです。
 治療方法 初期の段階では血糖コントロール(内科的管理)の良否が発症および進展に大きく関わってきます。ですので、眼科医と内科医の連携がとても大切です。
血糖コントロールだけでは抑制できない場合(増殖前網膜症)はレーザー光凝固術を行い網膜症の進行を阻止します。
なお、レーザー光凝固術はあくまでも病状の進行を抑えるもので、すでに起きてしまった視力低下などの回復治療ではありません。
  増殖前網膜症  レーザー光凝固術後の眼底
 Copyright (C) 2009-2018 Matsuda Eye Clinic All Rights Reserved.