院長趣味のHP↓ 
 

 


緑内障
緑内障とはどんな病気?
視神経(目から得た情報を脳に伝える働きをしている神経)が障害されて視野に異常をきたす病気で、眼圧が重要な要因となっています。
緑内障の種類  続発緑内障
 他の眼疾患、全身疾患、または薬物使用によって 眼圧上昇が生じる緑内障。
開放隅角緑内障
 他の病気や先天異常のない慢性進行性の緑内障。 眼圧が正常値(10~21㎜Hg)を超えており、眼圧上昇が視神経を圧迫して緑内障を発症・進行させていると考えられる病型。
正常眼圧緑内障
 眼圧が正常範囲にありながら視神経が障害されるタイプの開放隅角緑内障。
閉塞隅角緑内障
 隅角(茶目と黒目の間にある眼球の排水口のようなもの)が狭くなって房水(眼球の硬さを一定に保つための水)の排出が障害され、眼圧が上昇する。 
緑内障の治療 点眼薬で眼圧を下げて病気の進行をストップ、又は進行速度を緩めることです。緑内障のタイプによって原因も症状も違いますし、進行の度合いによって治療方法も異なってきます。
 
正常な視神経乳頭
 
視神経乳頭が障害されて凹んだ状態
 緑内障は病期が進むまで自覚症状がないため、点眼薬治療が指示通り守られない恐れがあります。緑内障治療は、病気が今より進行しないようにすることです。
今の見え方を保つためには、緑内障がどういった病気であるか知ってもらうこと、継続的な検査・点眼薬治療が大切です。  
 Copyright (C) 2009-2018 Matsuda Eye Clinic All Rights Reserved.